キーワード検索

[3.11 東日本大震災 記 録 『JAいわてグループ 復興へのあゆみ』]

2014年7月発行、 2014年09月18日:本サイト掲載

[発刊のあいさつ]
 JA岩手県五連 会長 田沼 征彦

 「平成23年3月11日に発生した東日本大震災では、多くの尊い命が犠牲となり、それまで築きあげてきた生活を一瞬にして奪い去ってしまいました。あらためまして、震災の犠牲になられました皆さまに対し、衷心よりご冥福をお祈りいたしますとともに、いまなお避難生活を強いられている方々に対してお見舞い申しあげます。
 また、全国JAグループの組合員や役職員をはじめ、多くの皆さまから「物心両面」にわたるご支援をいただき、復興の大きな支えになったところであり、心から感謝申しあげます。
あの大震災から3年半が経過しようとしています。これまで、JAいわてグループでは、東日本大震災からの復旧・復興対策と原発事故への対応を事業の最優先実施事項として様々な取り組みを行ってまいりました。
 震災発生直後にあっては、食料品や生活用品などの緊急救援物資を被災地に届けるとともに、現地での炊き出し、がれきの撤去など、まさに「協同の理念」を体現した支援活動を行いました。また、県等行政と連携をし、沿岸地域の農業再建・復興対策を実施したほか、原発事故に伴う放射能汚染への対応として、農畜産物の自主検査体制を強化するなどの「食の安全・安心」確立対策にも組織一丸となり取り組んだところです。
 そして、今、改めてこの大震災を風化させてはならないとの思いから、JAいわてグループで取り組んできた復旧・復興の主な活動を記録にとどめ、こうした意義ある活動を後世に残し伝えるとともに、これまでにご支援いただいた全国の皆さまに復旧・復興の活動内容を報告することを目的として、東日本大震災「JAいわてグループ復興へのあゆみ」を発行することにいたしました。
被災地では今もなお懸命な復旧・復興作業が行われていますが、原発事故に伴う放射能汚染問題により、しいたけ生産農家にあっては、出荷制限の措置が継続して行われている等、本県農業にとっては未だに厳しい状況が続いております。
 このような中、「みんなの力で!がんばろう岩手」を合言葉に、被災地の復旧・復興及び地域の再建はもとより岩手の農業が元気になるよう、県内7 JA・5 連合会が手を携えて取り組んで参る所存でありますので、引き続きご支援賜りますようお願い申しあげ、発刊にあたりましてのご挨拶といたします。」


PDF全体ファイル、82ページ、16.4Mbpdf

PDF:個別ファイル(上記「全体ファイル」を分割したPDFファイルです)

1 カバー表紙、表紙、とびらpdf P1(1,347kb)
2 目次pdf P3(805kb)
3 発刊のあいさつpdf
 JA岩手県五連 会長 田沼 征彦
P4(665kb)
4 被害から復旧・復興へのあゆみpdf
 ・東日本大震災~未曾有の被害~
 ・農業の復旧・復興へ
 ・JAの復旧・復興へ
 ・日本農業新聞の記事
P5-12(1,752kb)
5 復旧・復興対応への取り組みpdf
 ・JA岩手県五連「緊急対策本部の動き」
 ・助け合い、いわての絆
 ・コラム ~職員の記録
P13-20(1,897kb)
6 復興へのあゆみ ~各JA・連合会での取り組み~pdf
 ・JA新いわて  ・JAいわて中央  ・JAいわて花巻
 ・JA岩手ふるさと  ・JA江刺  ・JAおおふなと
 ・JAいわて南  ・JAいわい東  ・JA岩手県信連
 ・JA岩手県厚生連  ・JA全農いわて  ・JA共済連岩手
 ・JA岩手県青年組織協議会  ・JA岩手県女性組織協議会  ・日本農業新聞の記事
P21-72(10,537kb)
7 いわての底ぢから、手記pdf
 ・野田村 スマイル直売所
 ・大槌町 阿部和子さん
 ・陸前高田市 広田半島営農組合
 ・コラム ~手記~ あの日あの時
P73-81(4,034kb)
8 あとがき・奥付 pdf P82(730kb)
9 裏表紙、カバー裏表紙pdf (1,195kb)

発     行:JAいわてグループ(県内JA、JA岩手県中央会、JA岩手県信連、JA岩手県厚生連、JA全農いわて、JA共済連岩手)
編     集:岩手県農業協同組合中央会
写真等提供:JAいわてグループ、株式会社 日本農業新聞

<注意>
PDF ファイルがブラウザソフト上でうまく開かない場合(・データのダウンロードが完了しない、・表示された情報に欠落がある等)は、マウスを右クリックして「対象をファイルに保存」して閲覧してください。


特別記録コーナー表紙に戻る | ▲トップページに戻る