キーワード検索

記事詳細

タイトル:JAいわて平泉広報誌_KOSHERUこしぇる2014年11月号No.9_地域農業を守る放射能対策 今までも・・・。そしてこれからも続く

このページのURL:http://www.quake-coop-japan.org/user/article/detail?f_article_id=3603
本サイト掲載日:2017年04月10日   更新日:2017年04月24日

要旨:

JAいわて平泉『KOSHERUこしぇる』 2014年11月号No.9から抜粋

掲載情報
(添付文書)
20141115_JAいわて平泉_KOSHERUこしぇる2014年11月号No.9_特集 地域農業を守る放射能対策 今までも・・・。そしてこれからも続く  keiG2017-04-10_4940.pdf pdf (1.85 MB)

記録の概要

資料作成日 2014年11月15日
取組み期間
情報提供組織名 JAいわて平泉 ( 正式名称:いわて平泉農業協同組合 )
ふりがな いわてひらいずみ ( 正式名称:いわてひらいずみのうぎょうきょうどうくみあい )
情報提供組織の属性 JAグループ ― 単位組合(一部被災県のみ) ― 岩手県
内容区分 原発関連 ( 農林水産物の被害に関する情報、損害賠償請求に向けた取組み、安全・安心に向けた取組み )
被災(害)地域の
市町村名
取組み主体
掲載情報に関するコメント

〔抜粋記事タイトル一覧〕

[特集1]地域農業を守る放射能対策
  今までも・・・。そしてこれからも続く
・震災後の苦悩
・生産者の生活不安を解消するために
・黄金の郷づくりで支援 産地の維持さらに次のステップへ
 【生産者の声】
 ・後継者に魅力ある環境づくりを
   酪農部会 部会長 菅原 初美さん
 ・個々ではなく協同の取り組みで再生を
   椎茸部会 部会長 佐々木 久助さん

[特集2]平成26年度 夏期営農相談会意見集約
・主な質問及び意見・要望
 ◎放射能対策部門
  Q.米の放射能調査の結果はどのように通知するのか。
  Q.再生牧草地の放射性物質検査はやらなくてはならないのか。

関連情報

関連リンク JAいわて平泉ホームページ    http://ja-iwatehiraizumi.or.jp/
関連ファイル

Get ADOBE READER PDFファイルをご覧いただくためには、Adobe Reader(無償)が必要です。
Adobe ReaderはAdobe Readerのダウンロードページよりダウンロードできます。