Netellerは合法か?

2016年9月15日に日本市場から撤退したNeteller。2018年10月30日に再開するも、2020年4月21日に再度撤退しました。

2021年8月現在は日本向けのサービスは行っていません。ただし、海外在住の方については今まで通りサービスを継続しています。

何故Netentは日本から撤退したのでしょうか?もしかすると、違法だから撤退したのでしょうか?

この記事ではNetellerが日本から撤退した理由と、Neteller自体が合法かについて解説します。

Netellerは何故日本から撤退したか?
Netellerが日本向けのサービス停止の通知を送ったのは2016年8月15日。サービス停止をする1か月前です。

当時、日本人がオンラインカジノやブックメーカーへ入出金する手段の大半はNetellerでした。

他の決済方法もありましたが、Netellerほどサポートや機能面などでしっかりとしたシステムのギャンブル口座は存在しませんでした。

特にカードでATMから直接引き出しが可能なNetellerが使用できなくなることで、オンラインカジノプレイヤー達には衝撃が走りました。

サービス停止の1か月前の通知とはいえ、当時は一時的に出金する手段が無くなったカジノサイトもあったほどです。

日本市場から撤退した理由はNeteller側からは明らかにされていません。ですが最も大きい理由としては、買収されて「Optimal Payments」という会社の傘下に入ったことです。

Optimal Paymentsによる運営方針の変更で、日本へのサービス停止に踏み切ったと考えられます。

Netellerは合法?
Netellerが日本から撤退した理由は前述したとおり、決して違法であるからといったことではありません。むしろ海外の法律に基づいて合法的に運営しています。

しかし、日本国内から判断すると、このような法律はしっかりと整っていなく「合法」というより「違法ではない」といった微妙な見方になります。

Netellerには「クレジットカードで入金」というメニューがありましたが、国内からの入金は実質不可能でした。

理由はNetellerは海外の運営だからです。クレジットカード会社としては、海外への送金はマネーロンダリングのリスクがあるため基本的には許可していません。

Neteller自体は違法ではありませんが、Neteller側が日本市場から撤退することにより法を犯すリスクを回避した、という見方になるでしょう。

Quake-coop-japan.org